パーソナルジムと法人契約するメリットや注意点をおすすめジム3選と紹介

近年、福利厚生の一環として、スポーツジムやフィットネスジムを法人契約で利用している企業は多いです。

しかし、社員にトレーニングの知識や運動習慣がなければ、福利厚生として導入したところで利用されずに終わってしまいかねません。

そこでおすすめなのが、パーソナルジムを法人契約で利用することです。

パーソナルジムであればトレーナーが1対1で指導するため、トレーニング初心者から上級者まで幅広いレベルで対応してくれます。

そこで今回の記事では、パーソナルジムを法人契約するメリットや注意点、おすすめのジムを解説します。

会社の福利厚生を充実させて、社員のモチベーションをアップさせていのであれば、ぜひ参考にしてください。

パーソナルジムとの法人契約とは

法人契約とは、社員が福利厚生の一環としてジムを利用できるようにするために、企業とパーソナルジムが契約を結ぶことです。

費用は契約の方法によって異なりますが、会社が全額負担するプランもあれば、一部を会社が負担して残りを利用した社員が支払うこともあります。

社員からすると、個人でジムと契約する必要がないうえに、割引価格で利用できるのです。

一方で会社にとっては福利厚生費を経費として扱えるので、節税にもなります。

つまり、パーソナルジムとの法人契約には、社員にとっても、会社にとってもメリットがあるのです。

パーソナルジムと法人契約をするメリット

それでは、法人契約するメリットを社員側と会社側に分けて詳しく解説します。

【社員側のメリット】

  1. 健康増進に繋がる
  2. 安くパーソナルトレーニングが受けられる

【会社側のメリット】

  1. 社員の仕事の生産性が上がる
  2. 福利厚生費として経費計上できる

社員側のメリット①:健康増進に繋がる

定期的な運動は、健康管理の上で非常に重要です。

特にデスクワークが多いと一日の座っている時間が長くなり、運動不足になりがち。

運動不足だと生活習慣病やメンタルヘルスになりやすいので、予防の一環として運動は非常に大切です。

しかし、運動と言っても一人でスポーツジムに通うことに対してハードルが高いと感じる人もいます。

パーソナルジムであればプロのトレーナーが一人ひとりのレベルや目的に合わせた指導をしてくれるため、「ジムでどんなトレーニングをしたら良いんだろう?」って人でも安心です。

また、健康だけでなく理想的な身体の実現は自己肯定感のアップにも繋がります。

その結果、今まで以上にポジティブに仕事に打ち込んでもらえるようになれば、会社側も嬉しいでしょう。

社員側のメリット②:安くパーソナルトレーニングに通える

パーソナルトレーニングを個人で通う場合、相場は2ヶ月で約20万円です。

法人契約の場合、一般的に通常料金よりも安く契約可能であり、会社側が費用の全額または一部を負担してくれるため、より一層安く通えます。

パーソナルトレーニングの需要は近年右肩上がりであるため、安く通えることにメリットを感じる社員も多いでしょう。

会社側のメリット①:社員の仕事の生産性が上がる

肩こりや腰痛といった身体的、不調やうつ病などのメンタルヘルスは、仕事の生産性を下げてしまいます。

これらの要因の一つが運動不足や食生活の乱れです。

パーソナルトレーニングでは、運動だけでなく食事に関する指導も受けられるため、心身ともに健康的な生活習慣を身につけやすいと言えます。

また、スポーツジムやフィットネスジムと違い、パーソナルジムは一人ひとりに合わせた指導で、健康的かつ美しい身体を実現可能です。

見た目で全てが判断されるわけではありませんが、取引先からしても見た目の良さは企業への印象にも影響を与えるでしょう。

つまり、結果的に会社の売上アップに貢献するかもしれないのです。

会社側のメリット②:福利厚生費として経費計上できる

法人契約をすることで、パーソナルジムの費用を福利厚生費の経費として計上できます。

つまり、企業の節税としても使えるのです。

節税と言っても費用対効果が悪ければ意味がないかもしれませんが、従業員が健康的に満足度高く働ける環境の整備は、企業価値を高めることに繋がるでしょう。

ただし経費にするには「全社員を対象にしていること」や「サービスに対する費用が妥当であること」などの条件があります。

節税になるからと言って、好きなように経費にできるわけではないので、注意しましょう。

パーソナルジムと法人契約する際の注意点

ここからはパーソナルジムと法人契約を結ぶ際の3つの注意点を解説します。

  1. 通いやすいアクセスかどうか
  2. サービス内容と価格が見合っているか
  3. 業務終了後でも通えるか

注意点①:通いやすいアクセスか

パーソナルジムに通いやすいようにアクセスを意識して選ぶことは大切です。

殆どの場合、パーソナルジムに通うのは、会社帰りまたは休日のどちらかでしょう。

そのため、企業のオフィスや社員の住んでいる地域からなるべく近く、駅からのアクセスの良いジムを選びましょう。

アクセスが悪いジムを選んでしまうと、契約をしても利用されずに終わってしまいます。

福利厚生として有効活用するためにも、アクセスの良さは必ず確認しましょう。

おすすめなのは複数店舗を展開していて、すべての店舗に通えるジムです。パーソナルジムによっては、複数店舗あっても指定された店舗しか利用できないケースもあります。

従業員の住んでいる地域はバラバラだと思いますが、なるべく多くの社員が通いやすいアクセスのパーソナルジムを選びましょう。

注意点②:サービス内容と価格が見合っているか

パーソナルジムによって、トレーニング方針や食事指導の有無など特徴は様々です。

基本的には一人ひとりに合わせた指導をしてくれますが、従業員の特徴を把握したうえで適切なサービスを受けられるパーソナルジムを選ぶべきでしょう。

例えば、女性社員が多いのにも関わらず、マシンを使ってボディビルダーのような身体を作ることに強いパーソナルジムを選んでしまっては、利用しにくくなってしまいます。

こういったアンマッチを避けるためにも、事前にアンケートを取ってどんなジムが希望されているかを把握しておくのも良いでしょう。

また、価格もジムによって様々で、高いところだと1回1万円以上の費用がかかることもあります。

価格が高すぎると福利厚生として維持するのが難しくなることもあるでしょう。

せっかくパーソナルジムを福利厚生に選んだのに途中でなくなってしまうのは従業員のモチベーション定価にも繋がりかねません。

必ず契約の前にはパーソナルジムと話し合いを行って、予算内のプランかどうかを確認しましょう。

注意点③:業務終了後でも通えるか

パーソナルジムによっては営業時間が短く18時には閉店することもあります。

閉店時間が早すぎるジムを選んでしまうと仕事終わりに通えず、機会損失に繋がるかもしれません。

従業員が気持ちよく通える環境を整えるためにも、業務終了後でも十分間に合う営業時間のパーソナルジムを選ぶのがおすすめです。

ちなみに、朝早い時間から営業を開始しているジムもあります。仕事の前に通いたいと思う人もいるので、考慮すると良いでしょう。

法人契約できるおすすめのパーソナルジム3選

最後に法人契約できるおすすめのパーソナルジム3社を紹介します。

どのパーソナルジムが良いか最初から判断するのは難しいと感じる場合は、複数のパーソナルジムに問い合わせをして比較した上で選びましょう。

おすすめ①:24/7ワークアウト

出典:24/7ワークアウト公式HP

パーソナルジム最大手の一つである24/7ワークアウト。

24/7ワークアウトでは、法人向けに入会金無料や優待価格のコース料金、健康セミナーの開催といったサービスを提供しています。

法人利用をしている人は累計で8万人を突破しており、数千人から数万人規模の企業までサービスを導入しているようです。

従業員の健康を維持し、健康意識を高めるきっかけにしたいのであれば、企業で健康セミナーまで開催してくれる24/7ワークアウトに問い合わせしてみましょう。

24/7ワークアウトの法人契約の料金

入会金41,800円無料
コース料金優待価格で利用可能(詳細は要問合せ)

24/7ワークアウトでは、法人契約をする際のコストは健康セミナーを開催時以外は基本的にはかかりません。

企業は法人契約を結ぶことで、社員に入会金無料かつ優待価格でのパーソナルトレーニングを提供できます。

詳しい料金プランは問い合わせが必要なので、まずは相談してみましょう。

また、健康セミナーではグループで気軽に取り組める運動や食事の改善法など様々なテーマで開催してもらえます。

従業員のニーズに合わせて興味関心の高いテーマで開催してみるのも良いでしょう。

24/7ワークアウトのアクセスや営業時間

店舗数61店舗
営業時間7:00~24:00

24/7ワークアウトの店舗は基本的に駅から徒歩圏内とアクセスは抜群です。

一部未出店のエリアもありますが、日本の主要な駅の近くに店舗を構えているため、アクセス面での問題はないでしょう。

営業時間も朝早くから夜遅くまで長時間なので、仕事の前後でも気軽に通えます。

まずは、問い合わせをして詳しいプランの説明を聞いてみましょう。

おすすめ②:RIZAP

出典:RIZAP公式HP

「結果にコミット」の言葉で知られるパーソナルジム最大手のRIZAP。

47都道府県全てに店舗を展開しているため、広範囲に拠点をおいている企業に特におすすめです。

RIZAPの法人サービスは充実しており、5つの特典があります。

  1. 入会金が無料
  2. 2週間のトライアルコースが利用可能
  3. コース料金が20%オフ
  4. EXPAの入会金やコース料金が一部無料
  5. 入会人数に応じてキャッシュバックあり

法人プランによって受けられる特典が異なるので、注意しましょう。

RIZAPの法人プラン

プレミアム法人コースレギュラープラス法人コースレギュラー法人コース
入会金1,100,000円220,000円0円
年会費220,000円55,000円0円
契約期間12ヶ月~12ヶ月~12ヶ月~
入会金無料
トライアルコース
コース料金20%オフ×
EXPAの割引
キャッシュバック××

RIZAPの法人プランには3つあり、それぞれ利用できる特典が異なります。

レギュラー法人コースが導入のハードルは低いですが、RIZAPを利用する従業員の数が多い場合はプレミアム法人コースがお得なケースもあります。

なぜなら、キャッシュバックが受けられるからです。

キャッシュバックでは従業員が1人本コースに入会すると、88,000円のキャシュバックが受けられるため、13人が入会するだけで入会金の元が取れます。

どのプランが企業に適しているのかは、RIZAPに問い合わせてみましょう。

RIZAPのアクセスや営業時間

店舗数123店舗
営業時間7:00~23:00(店舗によって異なる)

RIZAPも24/7ワークアウトと同様に、どの店舗も基本的には駅から徒歩圏内にあります。

営業時間は店舗によって異なりますが、仕事終わりでも通える時間までは営業している店舗が多いです。

なお、RIZAPの法人プランは上場企業、もしくは300名以上の非上場企業でなければ契約できません。

条件によって企業は選びますが、パーソナルジム最大手の高いクオリティの指導を福利厚生の一環にできるのは大きな魅力でしょう。

おすすめ③:THE BODY RIDE

出典:THE BODY RIDE

六本木にある会員制のパーソナルジムであるTHE BODY RIDE。

最新のトレーニング設備を揃えた高級感溢れる環境で気持ちよくトレーニングに励めます。

THE BODY RIDEでは、厳しい食事制限によるダイエットやボディメイクではなく、中長期的に継続できるような指導を軸としているため、健康的な生活習慣を社員に身につけてもらえます。

THE BODY RIDEの法人プラン

THE BODY RIDEの法人プランは各企業の希望に合わせて調整をしてもらえるようです。

そのため、事前に会社内でどういったプランに需要があるかを確認しておくと、より満足度の高い法人契約ができるでしょう。

THE BODY RIDEのアクセスや営業時間

店舗数六本木店(六本木駅から徒歩4分)
営業時間7:00~22:00

THE BODY RIDEは六本木の1店舗のみですが、営業時間が長くアクセスも良いので、周辺の企業であれば利用しやすいです。

なお、法人契約をする場合は5~50名を人数の目安にしています。

そのため、従業員数が多い企業は利用しにくいかもしれません。

従業員数が少ない、もしくは利用できる人数がある程度把握できている企業は、相談してみることをおすすめします。

パーソナルジムとの法人契約で労働環境を充実させるのがおすすめ

今回の記事では、パーソナルジムを法人契約するメリットや注意点などについて解説しました。

フィットネスジムやスポーツジムではなく、パーソナルジムを契約するメリットは、企業側・従業員側の両方にあります。

従業員のモチベーションアップや健康促進など、労働環境を少しでもよくしたいのであれば、ぜひパーソナルジムを検討してみてください。

なお、当ジムELEMENTでは、今後法人プランの準備を予定しております。

都内を中心に7店舗を展開しているので、もし法人契約できるパーソナルジムを探しているのであれば、お気軽に以下のボタンからお問い合わせください。

この記事を書いた人

ELEMENT

パーソナルジムELEMENTの中の人です!パーソナルトレーニング・パーソナルジムのプロとして、皆さんが必要としている情報をわかりやすくお届けいたします!